36地火明夷

キーワード:明るくなる

明夷。利艱貞。

(めいいはかんていによろし。)

「明」は明らかなるもの、賢人のこと。「夷」は傷つけ破ること。「艱貞」は困難に耐えて貞正を守ること。「地火明夷の時は、困難に耐 えて貞正を守るのが良い」。この卦は、、地の中に太陽(火)が沈んでしまって光を放てず、 周囲は真っ暗な夜の卦です。地火明夷の時は、賢明な人が傷つき破れて、日の目を見ない時です。もし、その才能を表に出したなら周囲は小人ばかりですので、 ねたまれ、攻撃の標的にされ、コテンコテンに叩かれることでしょう。こうした時には、暗黒の闇に身を隠すように智恵を晦(くら)まし、才能を隠し、無能の ふりをして難を逃れ、後日に備えて実力をたっぷりと蓄えるべきです。万事表面に立つべからず。

 

〔大意〕「暗くなる」とは光を失う状態です。光は真実であり、善であり、勝利ですから、それを失うことは敗北、失敗を意味する。したがって、この卦は衰運を暗示しています。

「明夷は、難しみて…」と『易経』にあるように、これは賢明な者、正しい者が傷つき苦しむ運命である。悪い者が苦しむのなら話はわかるが、そうでないのだからちょっとやり切れない状態である。しかし、現実にはこういう例はいくらでもあるわけです。

いわば正義が通用しない、当然のことが当然でなくなるとすれば、いったいどんな対処の仕方をすればいいのか。暗たんたる気持になるのも無理はありません。『易経』ではどういっているか。それは「身を正しく保ち、じっと耐えよ」ということです。

これに対しマーフィー博士は「そのような状態になること自体にあなたの誤りがある。その誤りを正さなくてはならない」といいます。潜在意識の理論からいえばこれは当然のことで、わたしたちの境遇はどんなものであれ、その人間が日頃考え行動してぎたことの帰結である。それが好ましくないものだとしたら、過去にそうなるような、あるいは現在も含めてそうなるような心的態度をとってぎたからだ、ということになります。

その誤りを正すことなくして幸運を招くことはない。いくら自分で正しいと思っても、正しさがイコール幸運のパスボートではないということでもあります。潜在意識はメカニックな性質があって、当人の理性的な思惑とは逆の働きをすることがある。

だから、ただ待っとかやりすごすというのではなく、「自分には良い状態が訪れる。それはまもなくやってくるのだ」と確信することが必要です。

そういう形でたえず潜在意識に肯定的な思考を送り込んでおかないと、いつまでたっても暗い世界をさまようことになりかねません。

 

  • 初9:不調和、不一致、失望はまもなく消えていきます。

明夷于飛垂其翼。君子于行。三日不食。有攸往。主人有言。

(めいいとぶにそのつばさをたる。くんしゆくにさんじつくらわず。ゆくところあり。しゅじんことあり。)

地火明夷の時、鳥が翼を垂れ、人目を避けて飛び去る。君子も逃れ去るが、三日も食べることができない。進めば上司より小言をいわれる」。今は何をやっても うまくいかず、障害の多い時です。即刻、身を引くべし。

 

  • 二6:解決するのはあなたではないことを念じなさい。

明夷夷于左股。用拯。馬壯吉。

(めいいさこをやぶる。もちいてすくう。うまそうなればきち。)

「地火明夷の時、左ももが傷ついたが、強壮なる馬の助けで救われる。速やかに逃げて吉」。 大急ぎで身を引けば、小さな傷で済む時で す。強力な助っ人を得ること。

 

  • 三9:旅に出ると思いがけない道を発見するだろう。

明夷于南狩得其大首。不可疾。貞。

(めいいなんしゅうにおいてそのたいしゅをう。とくすべからず。ただし。)

「疾」は急ぐこと。「地火明夷の時、南へ攻め、敵の大将の首をとる。だだし、あまり急いで軽率に行ってはならない」。最後の決断とし て、断固とした手段で決着をつけるべき時ですが、性急さは禁物です。

◎地火明夷の中では良い時です。

 

  • 四6:他人におきた事柄にあなたの責任はありません。

入于左腹。獲明夷之心。于出門庭。

(さふくにいりて。めいいのこころをう。ゆきてもんていをいづ。)

「相手の腹心になって、悪人の腹の内を探り得た。門庭を出て危険を回避する」。とうとう悪人の腹の内を知りえました。うまい逃げ道を 考え、何としてでも脱出することです。うまい話には裏がある時。

◎あなたの考え方、進み方に問題点があります。よく反省し、改めましょう。

 

  • 五6:いまは大いなる束縛を甘んじて受けるべきである。

箕子之明夷。利貞。

(きしのめいい。ていによろし。)

「箕子」は殷の紂王の下臣の一人。「箕子が暴君紂王に対して狂人のふりをして、智恵を晦まし難を免れたように、貞正であれば良い」。 悔しい思いをしても、徹底して暗愚をよそおい、難を逃れるときです。大石内蔵助にならいましょう。

◎あなたの考え方、進み方に問題点があります。よく反省し、改めましょう。

 

  • 上6:失望、意気消沈、悪意はあなたの周囲をより暗くしていることを知りなさい。

不明晦。初登于天。後入于地。

(あきらかならずしてくらし。はじめてんにのぼりのちにちにいる。)

「暗愚な者は、初めは天に昇るような勢いであるが、後には地に沈み、身を滅ぼしてしまう」。紂王の末路のように、一時的な盛運に 驕っても、今や没落の危機に直面している時です。これまであなたが力にのみ頼り、人を傷つけ苦しめてきたことへの当然の報いでしょう。

◎あなたの考え方、進み方に大きな欠陥があります。よく反省し、方針の転換をしましょう。

 

「マーフィの易い」J.マーフィ(昭和61年、産能大学出版部)及び以下を参照しています。

http://www.keisho.server-shared.com/64/k36.html36地火明夷.jpg36地火明夷.jpg