「序文」に述べたように、四柱推命は生年月日時を情報源として、その人に生来備わっている内的要因に起因する必然性のあり方を知ることができる方法であり、その必然性が、偶然の出来事にどのように規定されるかを推察することにより、その人が歩む人生を推し量る方法なのである。
ちまたにあふれている占いと同じものを四柱推命に期待する人にとっては、このような四柱推命の考え方は到底受け入れることはできないであろうし、たとえ四柱推命に対して予備知識がある人であっても、人の将来を予知することをどのように考えればよいのかと、戸惑いを感じる話ではないかと思われる。
この疑問に対する答えの根源的な部分は、四柱推命の情報源が生年月日時であることからして、四柱推命で知ることができるのは、「その人自身のことだけである」というところにあるのではないかと考えられる。この点については、四柱推命は天下国家を論じる方法ではない、というような言い方で、類似した説明を他書にもいくつか見ることができ、本書独自の考え方ではない。ただ「その人自身のことだけ」とはどういうことなのか。つまり、四柱推命で知ることができることに限界があることを認めてはいても、どのような限界があり、その限界はいったいどこにあるのかということまで触れている書は見当たらないのである。そのため、運命学の帝王とさえ言われる四柱推命なら何もかもわかる、などという誤解がいつまでたっても解消されず、現在に至っているのである。
「その人自身のことだけ」の意味であるが、それは親から遺伝的に受け継いだ、身体的なこと、体質的なこと、性格的なこと、そして加齢に伴うこれらの変化の様相と理解して間違いはない。
この考え方によると四柱推命で知ることができることは、おそらくDNA(遺伝子)に記録されている情報と共通する内容であろうと想像できるのである。つまり「その人自身のことだけ」とは、ヒトという生物としてのありようと言い換えることができる。こうした考え方にいたったのは、「旺の逆転」という本書独自の方法をもとにして、ネットを通して接することができた数多くの実例を検証した結果なのである。
つまり四柱推命は、その人の身体的なこと、体質的なこと、そしてどのような能力・資質があるのか、それらは大運と流年という時間経過の中で、どのように変化していくのかを知ることができる方法であり、さらに、その人が生来備えている身体的なことや資質が、外部からの偶然の出来事からの影響を受けることにより、どのように変化する可能性をはらんでいるかを推察する方法なのである。
四柱推命には、大運と流年という時間経過を推すための視点があり、人の将来を予知することができるため、四柱推命はいわゆる運命学と言われるカテゴリーに入ることにはなるが、「その人自身のことだけ」しかわからないということから考えるなら、四柱推命は一般的な意味でいう運命を論じる方法とか占いとは、まったく異質な存在であることになる。
また、大運と流年は四柱八字から一義的に定まる干支の巡りである。四柱推命では生まれた瞬間に確定しているこれらの大運と流年の視点から、その人の将来を予知するのであるが、SF小説のように確定的な未来がどこかに同時的(?)に存在していて、そこに向かうほか選択の余地がないなどとは考えない。四柱推命では、四柱八字と大運から、その人のものの考え方、嗜好、性格を総合的に評価して、どのような基準で物事を考え、行動を起こす人物であるかを知ることによって、その人がど のような方向へ向かって行くかを推察しながら将来を予知するする方法である。
日々生活する中に巡ってくる、さまざまな外的要因は、その多くが予測不能な偶然の出来事である。しかし、これらの偶然の出来事に、どのように対処するかは、その人の内的な要因に左右されることであり、その内的要因を知ることによって、その人が向かっている未来を推察できることになるのである。
未来は空から降ってくるものでもないし、また、未知なる何らかの力によって決定されているものでもない。 生まれた瞬間からその人の中に可能性として潜んでいて、その人が暮らす社会との関わりの中で具象化することになるのである。そしてどのように具象化されるのかを推察する方法が四柱推命なのである。
四柱推命では、過去も未来もどこにも存在しない、存在するのは現在のみと考える。ただし、過去は、その人の現在のあり方の基盤になり、同時に未来への方向性を左右する重要な要因となる。四柱推命で予知できることは、過去を背負った現在のその人が目指している方向性の中に含まれることになるのである。

「四柱推命学入門」小山内彰 (希林館)より
https://meiwajuku.com/nsityu4/
http://www.shihei.com/shihei/calc/