.jpg
ミルザの幻影
英国の文豪アジソンの書いた「ミルザの幻影」という随筆のなかに、こんな味わうぺき話があります。
「人間の一生は、ちょうど橋のようなものだ。「生」から「死」へかかっている橋、その橋を一歩一歩渡ってゆくのが人生だ。だが、その橋の下はもちろんのこと、橋の手まえも、橋の向こう側も、真暗闇だ。その不安な橋をトボトボと辿ってゆくのが、お互いの人生だ」
というようなことを書いておりますが、ほんとうになんとなく考えさせられる言葉だと存じます。
人生は一本の橋! たしかにそうです。「人生五十、七十古来稀れなり」と申していますが、かりに人生を六十年とし、一年を一間として計算するならば、人間の一生は、つまり「六十間の橋渡り」です。二十歳の人は、人生の橋を二十間渡った人です。三十歳の人は三十間、四十歳の人は四十間、五十九歳の人は、もう一間で、人生の橋を渡りきるのです。もう一間でおしまいだと思ったとき、果たしてどんな感じが起こることでしょうか。橋の向こう側には、坦々(たんたん)たる広い道路でも開けておればまだしも、真の闇だったらど んな気持がすることでしょうか。私の故郷は、伊勢の神戸という小さな城下町ですが、小学校の門を、いっしょにくぐった人たちは、四、五十人もあったでしょう。しかし現在いま故郷に生き残っている友だちは、もうたった五、六人くらいしかありません。どこへ行ったのやら、いつの間にか、ポッンポッンと、まるで水上の泡のように消えてなくなりました。六十間の橋を、いっしょに全部渡りきるのだということが、はじめからわかっておればともかく、それがはっきりしていないのですから、全く心細いわけです。あの有名な『レ・ミゼラブル』を書いたフランスの文豪ヴィクトル・ユーゴーは、「人間は死刑を宣告されている死刑囚だ。ただ無期執行猶予なのだ」といっていますが、たしかにそうです。無期執行猶予なのですから、いつ死ぬかもわからないのです。さすがは文豪です。うまい表現をしたものです。弘法大師は「宝鍮(ほうやく)」という書物の中で、「生まれ、生まれ、生まれ、生まれて、生の始めに暗く、死に、死に、死に、死んで、死の終わりに冥し」といっておられますが、人生の橋渡りを思うにつけても、私はこの言葉を、今さらのごとく新しく思いうかべるのです。
高神覚昇「般若心経講義」(角川ソフィア文庫)