古橋源六郎は三河の稻橋村の人で、家は代々酒造を業としてゐました。我が國に始めて市制・町村制が賓施された時、村長に選擧されました。後に稻橋村が武節村と組合になってからも組合長に選攀され、死ぬまで引きつゞいて、この職をつとめ、公盆のために力を盡しました。
源六郎は三河の土地が馬を飼ふに適してゐることを知って、奥羽産や外國産の良い馬を敷十頭飼ひ、馬の改良をはかりました。ところが、「改良馬は大きいばかりで、女や子供が使ふにも困るし、其の上にのろくて役に立たない。」と悪口を言ひふらす者がありました。しかし源六郎は馬の市場を開きなどして、改良馬が大きくて力も強い上に、おとなしくて使ひやすいことを世間に知らせたので、悪口を言ふ者がなくなりました。其の後、組合をつくつてだん/\事業をひろげて行くうらに、一時に馬のねだんが下って大損をしました。源六郎は長い間、晝夜苦心してその回復をはかったので、とう/\損をとりかへすことが出來ました。三河に一良い馬をたくさん産するやうになったのは源六郎の力であります。
源六郎は又父の志をついで、此の地方の人々に養蠺を勧めて繭の産額が村の内だけでも、年々八九萬酓圓以上になるまでにしました。又自分て多くの費用を出して、山に木を植ゑさせました。それが今ではりつばな森林になつてゐます。源六郎は農事の改良をはかる為に、まだよそにないうらに村内に農會を設けてその發逹に力を盡しました。農會はそれからだん/\全國にいきわたりました。
源六郎は又村に勤檢貯蓄の風を興さうとっとめました。或時、村の人々と申し合はせて毎日一厘づつ積立てる一厘貯金といふことを始めました。それを賛成する者が多く、後には全村で二萬圃以上の貯金となりました。又村に悪ぃ風がはいつて來て、仕事を嫌つて遊ぶ者や借金に苦しむ者が出來ました。源六郎はそれを心配して、村の人々と規約を設け力をあはせて、この悪い風をなほすことに骨折つたので、村の風儀もよくなりました。
『国民の修身』監修 渡辺昇一