古橋源六郎は三河の稲橋村の人で、家は代々酒造りを業としていました。我が国に初めて市制・町村制が実施された時、村長に選挙されました。後に稲橋村が武節村と組合になってからも組合長に選挙され、死ぬまで引き続いて、この職を務め、公益のために力を尽くしました。
源六郎は三河の土地が馬を飼うに適していることを知って、奥羽産や外国産の良い馬を数十頭飼い、馬の改良をはかりました。ところが、「改良馬は大きいばかりで、女や子どもが使うにも困るし、その上に鈍くて役に立たない。」と悪口を言いふらす者がありました。しかし源六郎は馬の市場を開きなどして、改良馬が大きくて力も強い上に、おとなしくて、使いやすいことを世間に知らせたので、悪口を言う者がなくなりました。その後、組合をつくってだんだん事業を広げていくうちに、一時に馬の値段が下って大損をしました。源六郎は長い間、昼夜苦心してその回復をはかったので、とうとう損を取り返すことが出来ました。三河に良い馬をたくさん産するようになったのは源六郎の力であります。
源六郎はまた父の志を継いで、この地方の人々に養蚕を勧めて、繭の産額が村の内だけでも、年々八、九万円以上になるまでにしました。また自分で多くの費用を出して山に木を植えさせました。それが今では立派な森林になっています。源六郎は農事の改良をはかるために、まだよそにないうちに村内に農会を設けて、その発達に力を尽くしました。農会はそれからだんだん全国にいきわたりました。
源六郎はまた村に勤倹貯蓄の風を興そうと努めました。ある時、村の人々と申し 合わせて毎日一厘ずつ積み立てる一厘貯金ということを始めました。 それを賛成する者が多く、 後には全村で二万円以上の貯金となりました。 また村に悪い風がはいってきて、
仕事を嫌って遊ぶ者や借金に苦しむ者が出来ました。源六郎はそれを心配して、村の人々と規約を設け力をあわせて、この悪い風をなおすことに骨折ったので、村の風儀もよくなりました。
(五年生)

※古橋源六郎・嘉永三(一八五〇)年~明治四二一九〇九)年。明治期の農村指導者
『国民の修身』監修 渡辺昇一