紀伊の水夫虎吉等は、蜜柑を船に積んで江戸に行き、其の蹄途で暴風にあひました。船は山のやうな大波にゆられて、遠くの方へ吹流され、二箇月ばかりも大洋の中をたゞよひました。其の間に、食物も飲料水もなくなつて、大そう難儀をしました。
或日ちょうど通りあはせたアメリカ合衆國の捕鯨船が虎吉等を見けて救ひ上げ、パンなどを輿へて親切にいたはりました。船長がどこの者かどきいたが、言薬が通じないので、地圖を出して見せて、やっと紀伊の人といふことがわかりました。それから、この船は北の方へ鯨を捕りに行き、半年ばかりたつて、歸に、船長は便船に頼んで虎吉等を香港まで送り届けました。そこには仕立屋をしてゐる日本人があって親切に世話をし、フランスの船に賴んで上海まで送ってくれまし た。それから虎吉等は支那の役人の保護を受け、便船に乗って、やっよ我が 國に歸ることが出来ました。郷里では三年もたよりがないから、死んだことと思ってゐたところへ、無事に歸つて来たので夢かとばかり喜びました。
知ってゐる人も知らない人も博く愛するのが人間の道であります。いろ/\災難にあって困ってゐる者を救ふのはもちろん、たとひ敵でも、負傷したり、病氣になったりして苦し んでゐる者を助けるのは、博愛の道です。明治三十七八年戦役に上村艦隊が敵の軍艦リューリクを打沈めた時、敵のおぼれ死なうとする者を六百餘人も救ひ上げたのは、名高い美談であります。

『国民の修身』監修 渡辺昇一