登の弟やいもうとは、みな早くからよそへやられました。八つばかりになる弟がつれて行かれる時、登は弟のふしあはせをかなしんで、雪がふつてさむいのにとほいところまでおくつて行ってわかれました。
その弟がしらない人に手をひかれ、うしろをふりむきながらわかれて行ったすがたが、あまりにかはいさうであったので、登はいつまでもその時のことをおもひ出してなげきました。

『国民の修身』監修 渡辺昇一