安芳は幕府の命を受けて長崎に行き、オランダ人について航海術を學びました。修業がすんでからもつゞいて長崎に留って血氣盛りの海軍練習生を教へ、九州の近海で、あちこちと航海を試みました。
間もなく、幕府は使をアメリカ合衆國へやることになりました。其の時、使は合衆國の軍艦にのせ、別に日本の軍艦を一そうやるといふうはさがありました。安芳はそれを聞いて、我が航海術の進歩を見せるには、この上もないよい機會だと思ったので、自分の教へた部下をさしづして日本人の力だけて航海をしたいと願ひ出ました。
何分我が軍艦を外國へやるのは始めてのことであり、まだ練習も十分に積まない日本人だけてはあぶないと思ったので、幕府は容易に許しませんでした。しかし、安芳があくまで願つてやまないので、幕府も遂に其の熱心と勇氣に感じて、咸臨丸といふ小さい軍艦で安芳等をやることにきめました。
航海中は毎日のやうに雨風が績いて、海が大そう荒れました。嵐がはげしい時には、船體がひどくゆれて、ねぢ折られさうになったこどが幾度もありました。しかし、安芳等は少しも恐れず、元氣よく航海をつゞけ、日本を出てから三十八日目にサンフランシスコに着きました。アメリカ人は、日本人が航海術を學んでからまだ間もないのに、少しも外國人の助を受けずに、小さい軍艦で、よくも太平洋を無事に越えて来たものだと、大そう感心しました。
『国民の修身』監修 渡辺昇一