伊能忠敬は上総に生まれ、十八歳の時、下総佐原村の伊能氏の家を継ぎました。伊能氏は代々酒や醤油を造り、土地で評判の資産家でしたが、その頃は大分家が衰えていました。そこで忠敬は、どうかしてもとのようにしようと思って、一生懸命に家業に励み、自分が先に立って倹約したので、家も次第に繁昌して、四十歳になる頃には、もとよりも豊かになりました。それで関東に二度も飢饉があった時、二度とも金や米をたくさん出して、困っている人々を助けました。また公職について村のために尽くしました。

五十歳になると家を長男に譲りました。しかしそのまま楽をしようとはせず、これから一心に学問をしようと思って江戸に出ました。忠敬はもともと天文・暦法が好きで、これまでも仕事のひまには少しずつ勉強を続けて、その知識がかなり深くなっていました。江戸に出ると間もなく、高橋至時という天文学者を訪ね、その精密な西洋暦法の話を聞いて大そう感心し、自分より十九も年下の至時の弟子になって、数年間倦まずたゆまず勉強したので、同門中及ぶものがないほど学問が上達しました。

五十六歳の時、幕府の許しを受けて北海道の東南海岸を実地に測量し、地図を作って差し出しました。その後、幕府の命で諸方の海陸を測量することになり、寒暑をいとわず遠方まで出かけて、とうとう七十二歳で日本全国の測量をすませました。それからも身体の自由がきかないようになるまでは、大中小三種の日本地図を作ることに努めました。我が国の正しい位置や形状が初めて明らかになったのは全く忠敬の手柄です。

 

格言  精神一到何事か成らざらん。(六年生)

 

※高橋至時…明和元(一七六四)年~享和四(一八〇四)年。寛政の改暦などを行った

『国民の修身』監修 渡辺昇一