鷹山は人民の難儀を救ふために、倹約を勧めた上に、なほ産業を興して領内を富まさうとはかりました。荒地を開いて農業をいとなまうとする者には農具料・種籾などを與へ、三年の間、租税を免じました。又命令を出して村々に馬を飼はせたり、馬の市場を開かせたりなどして農業を盛にするたすけとしました。鷹山は又養蠶を勧めました。領内には、貪しくて桑を植ゑることの出来ない者が多かったので、自分の衣食の費用の中から年々五十兩づつを出して、桑の苗木を買上げて分けてやり、又は桑を植ゑる者に貸付けてやって、其の業を動ましました。

なほ鷹山は奥向で蠶をかはせ、その絲で絹や紬を織らせました。又領内の女子に職業を授けるために、越後から機織の上手な者をやとひ入れて、其の方法を教へさせました。これが世に名高い米澤織のはじめであります。

 

なせばなるなさればならぬ何事も

ならぬは人のなさぬなりけり

『国民の修身』監修 渡辺昇一