第十五議定
〇泄界同時革命
各国同時に革命を勃発させ、現在の各国の政府がすべて没落して(これは恐らく一世紀はかかる)、我々が決定的に主人公になった暁には、いかなる陰謀も我々に対して企てられないように、眼を見張り、我々の征服に反対してしかも武器を執る者は、何人といえども容赦なくこれを抹殺してしまうであろう。新たに秘密結社を創設する者は死刑に処する。我々の認めている現存の秘密結社は、我々のために働いたものも、我々に反対していたものも、すべて一律に解散させ、その会員はヨーロッ パから甚だ遠い大陸に追いやってしまう。
あまりに詳しく真実を知っているゴイムのフリーメーソンも同様に取り扱う。何らかの理由で許してやっておくフリーメーソン結社員は いつでもこれを追い払うことにして、これを絶えず脅迫しておく。
我々は法令を出して秘密結社の全部をヨーロッ パから叩き出して、ヨーロッ パは我々の政治の中心地とする。 我々の政府の発布したことは決定的でこれに対する控訴も嘆願も許さない。我々がゴイムの社会に対立、 騒擾の根を深く植え込んであったのだから、秩序を回復するのには無慈悲の方法を用いて我々には到底反抗は出来ないことを徹底して見せなければならぬ。将来の幸福のためにはどれだけ多数の犠牲者を出そうとも何ら考慮などする必要はない。真に己の政府の存続を忠実に考え、特権の存続を願うのではなく、その職責を全うすることを顧念する政府は、たとえ虐殺に訴えても善をなすことを努めなければならぬ。永続する政府を創設する最善の方法は官権の権威を増強させなければならぬ。
それは政府の権限をすこぶる大きなものとし、かつこれを揺るぎなきものとしなければならぬが、その基づく論拠は神から選ばれたのだから神秘的であるとの印象を与えることにある。
近年まで帝政ロシアがそれであったから、ローマ法王とともに我々の筆頭の敵であった。イタリアが血の海と化したことを思い起こされたい。しかし、このように血を流したのはシーラであったが、イタリアは彼の髪の毛一本にも触れ得なかったのだ。シーラは国民を虐げたのであるが、国民には強者と見えたのである。彼は大胆にも再びイタリアの地を踏んだが何ら虐待を受けなかった、国民というものは勇敢と沈着とによって魅了してしまうと、これに触れようとはしないのだ。

〇フリーメーソンは情報収集機関
前述のように秘密結社は将来潰すのであるが、我々が主人公となるまでは、かえってフリーメーソン組織を世界各国に増設してゆくのである。そのためにそれぞれの国の現に名士であり、または名士になりそうな人々をそこへ引き入れるのである。
それはフリーメーソン組織は我々の主要な情報収集機関であって、我々の勢力はそこから出るからである。これらの組織はすべて我々だけが承知していて、外の者には誰にも知られない唯一の理事者の下に統一されなくてはならぬ。すなわちフリーメーソン組織はすべてユダヤ長老に支配されるのである。組織から一人ずつ代表者をその理事会議に出席させて、理事会と世間に現われているフリーメーソンとの連絡役に任じさせるのである。理事会が行動指針を与え、事業計画の編成に参加する。
この組織にはすべての職能や階級の代表者を集めている。極秘に属する政策は組織を設ける日から我々が承知していて、その指導に当たるのである。国家警察、国際警察のほとんどすべての手先はその組織に加盟させるが、それは警察として攪乱者に対して予防処置を講じてくれるばかりでなく、我々の行動を世間に向かって秘匿してくれ、またあえて不平を起こさせるためなどにも役立つから、是非必要なのである。
秘密結社に入る者の多くは、野心家や好奇心の強い人物など一般に軽薄な性癖で、我々の計画に対して難しいことなどは言わず、かえってこれが実行を助けてくれるのである。
何か紛擾が起こったとすれば、それは彼らの結束があまりに強固になるのでこれを攪乱する必要が起こったためである。何か陰謀が起こされたとすれば、その頭目には必ずや最も我々に忠実な家来が一人立っているはずである。
我々だけがフリーメーソンの事業を指導するのは極めて当然のことである。なぜならば我々だけがどこへ行くべきか、また各行動の目的は何であるかを心得ているからである。ゴイムに至っては何にも解らない。すぐ後でどういう結果が来るかすら予見できない。彼らが計画をするときには、彼らの野心の一時的満足のほかは考えない。その計画は結局彼らのためではなくて、我々が彼らに鼓吹したものであることも自分でやっていながら気がつかない。
ゴイムが組織に加入するのは単なる物好きか、公共の金を預かろうという欲望からである。なかには自力では実現不可能な欲望を実現する機会を掴もうとして入って来る者もある。
彼らは演説会の盛況と嵐のような拍手喝采にすっかり感激したり気を良くしているが、その拍手や成功は我々が大金を使って彼らに贈ってやるのである。
かくて我々が成功させてやるのは、ついには起こる不成功で意気消沈することを大きくし、これを利用するためである。人に鼓吹された考えをも、確かに自分が考え出したものだと信じ切っているような輩には特にその士気喪失が甚だしいわけである。ゴイムの最も賢い者でも、無邪気に我々を信用させるように誘導することがどれほど容易なことであるかは諸君の想像を超えている。
これとは逆にまた彼らを落胆させることも極めて容易なことである。ただ些細なしくじりや人が喝采を止めただけでも彼らは士気喪失するのである。その場合次の成功を準備してやるといえば彼らは完全に我々に服従してくるのである。我々ユダヤ民族は、計画が実行できさえすれば成功などは意に介さないのであるが、ゴイムはこれと反対に成功さえすれば目的はどうなっても構わぬという行き方である。この心理状態がすなわち彼らの誘導を容易ならしめるのである。
外見は虎のようなゴイムでも、精神は羊のそれで、彼らの脳は様々な愚劣なことを苦もなく受け入れる。我々は彼らの頭の中に―つの妄想を吹き込んだ。
それは人間の個人主義を単なる象徴的思想たる集産主義〔訳註五六産主義と紙一重の主義〕に没入することを夢見る妄想である。彼らはこの妄想は主要な自然法則に正面衝突をすることが今もって諒解できず、今後もまた決して諒解できないであろう。天地創造の始めから、自然は個々のものを造って、個性というものを確認させるためにその個々は他のものとは違わせてあるのである。
我々の古代の長老はいかに先見の明があったことか。彼らは、重要な目的を達するためには手段にこだわったり、その目的達成のために供する犠牲などを勘定してはならぬ、と言ったのである。
我々は小粒な家畜であるゴイムの犠牲は勘定しなかった。我々自身多くの犠牲を出したが、その代わり我々の民族は夢にも想わなかった地位を獲得できた。我々の犠牲の数は比較的にはあまり多くないが、これによって民族の破滅を免れ得たのである。

〇秘密結社の弾圧
何人も避け得られない終局は死である。であるから、新秩序の建設者たる我々自身が死ぬよりもまず、我々の仕事をごたつかせる人々の死を早めてやった方がよろしい。我々はフリーメーソン結社員を誰も気がつかないように殺そう。本人自身もそれはわからない。必要になれば彼ら全員も、自然の死のような姿で息を引き取るであろう。我々の同胞はこれを知っても抗議などはあえてしない。我々がフリーメーソンの中で僅かでも我々の言うことを聞くまいとするものを根こそぎ排除したのは、そのような方法を用いたのである。なぜならば我々はゴイムには自由主義を説くけれども、我々ユダヤ民族と我々の手先は鉄の規律をもって押さえているからである。
我々の勢力によってゴイの法律を適用することは最小限に止めた。法の権威というものは我々が持ち込んだ自由主義の解釈で失墜せしめた。最も重要なる政綱や道徳の根本は、我々の思うように、かつゴイムの為政者に我々が示した方向に向かって法廷で定めてしまった。
この目的はごく節単に達せられた。それは表面的には我々と何らの関係のない手先の仲介により、あるいは新聞などを利用したのである。貴族院議員や高級官僚には一も二もなく我々の忠言を聴く者すらある。ゴイムの純動物頭脳には、物を解剖したり、観察したりする能力はない。いわんや決定した事項がどのような結果を導くかという先のことなどわかりはしない。
我々とゴイムの間には理屈の考え方にこんな相違があるお蔭で、ゴイムの本能的、動物的心理と比べて、我々民族が神の選民であることが判然とするのである。ゴイムは物を見るけれども、予見をすることは出来ない。そして物質上のこと以外には発明する能力はない。これによってこれを観れば天然が我々ユダヤ人を王として世界を導くように造ってくれたことがいかにも明白である。
我々が天下を掌握する日には、征服の成果を収め、すべての法律を変革するであろう。我々の法律は簡潔で、明晰で、確定的であって解釈の必要はない。それであるから誰でもそれを根本的に学び得る。
そのなかに明確に入れておくべき要点は官憲に対する完全な服従である。この服従によってすべての権力濫用をなくすることが出来る。それは何人も例外なく、我々の最高権威者に属する絶対権の前に責任を負うべきものであるからである。次級官吏の権力濫用もまたなくなる。もし犯した場合には、もう再犯の到底出来ないほど峻厳に処罰されるからである。
我々は官憲のやることを細かに監視する。これで物事が善く運ぶのである。もし一部に腐敗があると必ず他所にもこれを惹起することになる。いかなる法律の違反も腐敗行為も処罰を免れることはなくする。役人の横領、怠慢も最初に見せしめ的に厳罰すれば後を絶つであろう。官の権威からすると、最上権の神聖を侵そうとするものは、軽微のことでも、適当なる罰則すなわち厳罰を科さなければならぬ。犯罪が私利私欲を充たさんとする場合には特に然りである。厳罰を蒙る犯罪者は主権、政綱、および法律擁護のために官界の戦場で倒れる兵士である。個人的理由や支配者側であるからといって公職を欠くことを免じ得ない。

〇定年制の導入
裁判官が馬鹿げた慈悲を見せようとすると、それは刑法に違反することを知らなければならぬ。もともと刑法というのは犯罪を無くそうと懲戒的見せしめのために作られたのであって、司法官の徳性を誇示するために出来たのではない。これらの徳性は私的生活では尊重すべきものであろうが、公的生活は人間生活の教養をなす基地であるから、ここではその徳性は尊重されない。
我々の裁判官は五十五歳に達すれば現職を退くのである。その理由は、第一に老人はとにかく先入観にとらわれ易いのと、新秩序には容易に従いたがらないからである。第二には、我々の言うことを聴く人々の人事を刷新するのに役立つからである。現地位に止まりたいものは何でも服従しなければならぬ。
概して言えば我々の裁判官は人を処罰し、法律を強制しなければならぬことを理解している人々のなかから選ぶのであって、ゴイムが現在考えているように政治の意義を無視して、自由主義の夢にまかせて歩くようなことはしない人でなければならぬ。頻繁に人事の異動を行なう方式は役人の間に堅い結束の起こるのを予防し、政府の利益に彼らの運命を結び付ける。最も若い裁判官には、我々の人民相互の間に設ける秩序を害する恐れのある弊害を看過しないように教育する必要がある。
現今ゴイムの裁判官は彼らの職責に対する明瞭な認識が欠けているので、いかなる種類の犯罪にも情状酌量を加える。これは今日の政府が司法官を任命したときに、義務の観念と職責に対する信念とを吹き込まないから起こるのである。動物が子供に餌を無条件に与えるのと同様に、ゴイムは職務の性質をも説明せずに高い位置を与えるのである。そこで彼らの権威は彼ら自身の努力と自身の執務とで地に塗れる結果になる。この結果が我々の方式の利益となるさらに一つの事例である。
我々の社会体制の見地から部下に与える教育を司る官憲、そのすべての重要地位から自由主義を駆逐する。彼らの椅子は行政のために我々が仕込んだ人々だけに与える。
人はおそらく老朽官吏の洵汰は国費の負担増加になると論ずるであろう。これに対しては次のように答える。それらの人々を辞めさせる前に、あらかじめ民間事業に地位を捜してやって、彼らが失った所得はそちらで取り得られるようにする。世界の金は我々の手に集中されたのであるから、経費が嵩むのを恐れる必要はない。

〇処罰の峻厳
我々の専制はすべての点から見て一途に出ているから、我々の大権の働きはすべて尊重され、文句なしに服従される。我々は苦情にも不平にも考慮を払わない。もし不平屋が実行運動を起こしたならば、制裁を加えて他の者の見せしめにする。司法上の判決を覆さんとする控訴権は撤廃する。司法部は主権者の絶対的特権であるから、我々が任命した裁判官が誤った判決を下すことがあると人民に考えさせることは許さない。しかし万一裁判に過失があった場合には我々自身でこれを取り消す。その際には職務をわきまえない廉でその裁判官を処罰する。そして再び過失が犯せないほど重く責任を問うのである。
繰り返し述べるが、我々の官憲が行なうすべての仕事を厳密に監督して、善良なる官吏による善良なる政治を要求する権利のある人民を満足させる。

〇ユダヤ王は家長となる
我々の主権者の人物からして、我々の政府は族長であって父のごとき保護者と見られるであろう。我々の人民はそれを父と見なし、その役目はすべての要望、すべての為さんとする所を面倒見てくれるし、民事のことやら、人民と主権者の関係やらすべてにわたって心配してくれるのである。
かくして人民はこの保護者、この指導者がいなくては安寧な生活はどうしても出来ないと思い込むようになり、我々の主権者の専制に服従してこれを尊敬し、ついにはこれを神聖化するようにもなる。
人民が我々の役人は君主の言い付けを一所懸命に実行するに甘んじて、彼らの職域の最少範囲に止まることを知った場合にはなおさらそうなる。ゆえに我我の人民は、幸福に思う。
それは万事は彼らの生活問題のうちに律せられ、あたかも賢明な両親が義務と服従との法によって彼らの子供を教育しようとするようなものであることを認めるからである。
我々の政策の秘密から眺めると、人民とその官僚とは小さい子供の類である。諸君の知られるように、我々の専制は権利と義務とに立脚する。義務の実行を要求する権利は人民のための父親たる政府の第一の義務である。強者は人類を、自然法則すなわち服従に立脚する社会秩序に向かって導くために、その威力を使う権利を持っている。
この世界においてすべては他人の力か、環境か、または自らの本性か、要するに自己の力以上の力に従えられる。
ゆえに人類の幸福を実現するためには最も強い者になろうではないか。我々は現存秩序を侵犯するものは何人でも躊躇なく犠牲にしなければならぬ。それはこの国民教育的大問題は、害悪を見せしめ的に懲罰することにあるからである。
イスラエル王がヨーロッパの捧げた冠を神聖な頭に頂くときには世界の族長となる。そこへ行くまでに払わなければならない犠牲者は、ゴイムの政府どもが幾世紀かの競争時代に愚にもつかない偉大さを争うために供物として斃した犠牲とは比較にならぬほど少ない。
我々の王は人民と絶えず接触してこれに演説をする。それは直ちに全世界に宣伝されるであろう。
[定本]『シオンの議定書』四王天延孝原訳 天童竺丸補訳・解説 成甲書房