動きが似ているということがまずあります。だから、まったく個性の違う二人なのだけれど、お互い邪魔をしないでやっていけるし、むしろ相手のエネルギィをうまく吸収しあい、わかち合って進むことができるのです。ただ、つねに対等でいることが大切です。どちらも自分の能力に自信を持っているからです。
恋愛についても、お互いにひかれやすく、索敵なカップルなのですが、結婚には適していません。
というのも1は相手をリードしたい人なのに、5は自由でいたいから。こういう二人こそ、新しいあり方を見出すべきでしょう。

『100年数秘の本』DASO著 (ヴオーグ社刊)より