“人類の恩恵のための大規模な冒険”とよばれるこの周期に、一体どのようなことが起こってきたでしょう? 20世紀の間にはいくつかの“大規模な冒険”がありましたが、1939年には、それは第二次世界大戦という形で起こっており、1966年には、ヒッピームーブメントとなって、作用しました。そして、おそらくは今度は、ヨーロッパの経済統一ということをきっかけに、世界が、アメリカ、アジア、ECと大きく分けられ、次のより大きな統合へと向かうための巨大プロジェクトを持ち始めるでしょう。
また、このチャンスは、20世紀の間に7回あったことになりますが、1993年を最後に、次は、2389年まではやってこないこと、そして、その先は約100周年周期でしか訪れないことなどを考え合わせると、これはかなり重大な年なのではないかと思います。
少なくとも、今さら第三次世界大戦だなんて‥‥‥私達人類は、そこまで間抜けではないはずです。
『100年数秘の本』DASO著 (ヴオーグ社刊)より