このエネルギィのもとに生まれた子供たちは、幼い頃に、たとえぱ最愛の人との別れ、あるいは自分が大切にしている何かを明け渡さなければならなくなるような大きな変化といったものに直面します。中には、自然にハートを開いてその事実を受けとめ、理解を示すということも起こり得ますが、通常、それを理解できる年令に逹していなければなおのこと、漠然とした感情的なものが残るだけでしょう。
時として、これらの人が世間を見るときに、同情や哀れみに引きこまれやすいのも、幼い頃の体験が影響していると言えます。
個人的な感情に取りこまれないで、全体の中の一部として自分を見つめることを学ぶために、あなたは広く多彩な体験を通っていくことでしょう。それらはまた、個人の執着を落とすためのものであり、物事が完全に終っているのにそれを認めようとしないことは、新しい流れがやってくるのをただせき止めてしまうだけです。
『100年数秘の本』DASO著 (ヴオーグ社刊)より