内面の成熟と同様、外側においても、発展の機会を手にする周期です。このエネルギィの特徴は、それを肯定的に使えば、限りなく発展していくが、ひとたび否定的なほうをむくと、不幸のどん底にまで落としめられることです。「私にはできない」などと言っているうちに、泥沼にいる自分を発見することになるでしょう。

だから大いなる成功を手に入れる可能性があるとはいえ、眠ってはいられないということなのです。天使と悪魔の両方がささやいている―――こっちをむいて、と。天使の導く方向からは、まぶしい光がさしています。あなたは勇気をふるい起こさなければならない。そして、悪魔の手まねく道は、まるでドラッグのひき起こす幻想の世界のように、妖しい光を放っています。当然ながら、悪魔の道を進むのは節単です。あなたはただ眠ってさえいればいいのですら 。

でも、目覚めたときにどうなるのでしょう?

それとも、一生眠りこけたままでいますか?

『100年数秘の本』DASO著 (ヴオーグ社刊)より