もしかしたら、あなたの内部で巣食っているかもしれない弱虫というやつに、意外な場面で出会ってしまうという月です。嬉しいことでは決してないでしょうが、それでもよくよく見れば、祝福すべきではないですか? なぜって、一度見つけた限り、あなたはそれを追い出すに違いないからです。それともまだつき合うつもり?!

『100年数秘の本』DASO著 (ヴオーグ社刊)より