実際的な物に対する責任、他の人々からの要求などがあなたをとり巻いています。あなたはそのために、行きづまってしまうかもしれません。でも必要とされること自体の、暖かさに包まれるような感覚を楽しむこともできるのです。これは決して、課せられた投務ではない。ましてやあなたは心からノーということだってできるのですから。

『100年数秘の本』DASO著 (ヴオーグ社刊)より