あなたの内面の深みに飛びこむときです。より高く跳ぶことで、より深く潜ることができるというのを知っていますか? そして、飛びこむためにはジャンプ台が必要です。それこそが瞑想の何たるかですが―――。もしかしたら、あなたはそのすぐそばにいながら"何のためのジャンプか?"などという、つまらない問かけを繰り返し続けていませんか?

『100年数秘の本』DASO著 (ヴオーグ社刊)より